ブログネタ
日記 に参加中!
 シロクマさんには、コージーという名の、こと「笑い」に関してコイツにだけは勝てないと兼ねてから尊敬し続けている大学時代の友人がいるのだけど、週末に行ってきた同じく大学時代の友人のniccaっチとまつきっチの結婚式の二次会で、奇しくもそのコージーと「笑い」の分野でバトルする機会に恵まれた。

 クイズ形式のゲームで、回答者が笑える回答を提示し、新郎新婦がどれくらいツボに入ったかをジャッジ。新郎新婦のうち片方が○(ツボに入りましたのサイン)を掲げれば得点2倍、新郎新婦両方が○を上げれば得点3倍という、シンプルなゲームだ。

 バトルの最終局面はシロクマさんチームVSコージーチーム。

 こと笑いに関してコージーに勝利したことの無いシロクマさんだったが、今回はシロクマさんは新郎新婦両方の友人だけど、コージーは新郎の方しか知らないというアドバンテージがシロクマさんにはあった。

 ことごとく新郎のツボをつく回答を見せるが、新婦のツボが得られないコージーに対して、見事に新郎新婦両方のツボをついた回答を繰り出すシロクマさん。

 結果、チーム戦とはいえ、人生で初めてシロクマさんは「笑い」の分野でコージーに勝利した!

 バトル後の反省会にて(わざわざ反省会を開くこの辺りが、コージーとシロクマさんの「笑い」に対する真摯な姿勢の現れだ)、「最後までまつきさんのツボが読み切れなかった」と悔しそうに語るコージーと、「初めてキミに勝てたよ……」と万感の想いで語るシロクマさん。

 だけど、コージーの回答はまつきさんのツボには入ってなかったが、シロクマさんのツボには入ってたので、まあ、実際どちらが勝ったかというとかなり微妙なラインではある。

 最後に、仕込んできた「何も無い所からお花が出てきてビックリ手品ギミック」を、「使うタイミングが無かった……」と切なそうに語るコージーと握手を交わし、お互いに向上心を忘れないようにしようと熱く誓いを交わして再会を信じた趣でお別れしてきた。

 コージーは会社員として社会の荒波に揉まれ、シロクマさんは引きこもり生活で社会から隔絶されて生活し……と、各々環境は逆だがついつい「笑い」の心を忘れてしまいそうな環境で、お互いに色褪せない実力を携えたまま再会できた。これは一つの奇跡だ。

 niccaっチにまつきさん、今回はこのような機会を設けてくれて本当にありがとう。別にお笑いバトルを繰り広げさせるためにシロクマさんとコージーを召還したわけではなく、二人の結婚式だったワケですが

 まつきさん、ウェディングドレスが綺麗でした、後三次会で歌ってくれた宇多田ヒカルと坂本真綾が良かったです。niccaっチは結婚式当日のおめでたい二次会で「最近シロクマとは意見が合わない」と語ってくれたのが熱いと思いました。

 べ、別にとってつけたように新郎新婦のお祝いを書いてるわけじゃないんだからね!

 ツンデレ風にまとめようとして別にツンデレでもなんでもなくなってることも自分でちゃんと分かってるんだからね!