『るろうに剣心 完全版』1巻/あるいは綺麗事が真実になるように

ブログネタ
在宅介護生活 に参加中!
 和月伸宏氏の『るろうに剣心』はシロクマさんの青春時代のバイブル的な漫画なのだけど、本日新古書店でさっそく売りに出されてた完全版の1巻をパラりと立ち読みする機会にめぐまれた。

 第1話をはじめカラーページが完全再現されてるだけでファンとしてはクラクラものの一品なんだけど、改めて読んでも第1話は痺れる。

 「いいじゃない 誰にだって語りたくない過去の一つや二つあっておかしくないわ あなただってそうでしょ?だから流浪人してるんじゃないの?」(神谷薫)

 の薫の台詞と、クライマックスの剣心の、

 「剣は凶器 剣術は殺人術 どんな綺麗事やお題目を口にしてもそれが真実 薫殿の言ってる事は一度も己の手を汚した事がない者が言う 甘っちょろい戯れ言でござるよ」

 「けれども拙者はそんな真実よりも 薫殿の言う甘っちょろい戯れ言の方が好きでござるよ 願わくば これからの世はその戯れ言が真実になってもらいたいでござるな」(緋村剣心)


 とで、剣心→薫方向での心情と、薫→剣心方向での心情が実に上手く描かれているのだ。最終的には二人は夫婦になるエンドなのだけど、第1話にして、お互いの言葉に何かしらお互いに救われていたという、最終話の風景を予感させるような仕込みが素地として描かれていたことになる。シロクマさんは薫よりも恵さんの方が好きだが、ここは、恵さんが最後に引いたように、剣心の伴侶としては薫を推さねばならない所だ。

 それにしても第1話の剣心の台詞は良い。この第1話はシロクマさんが子供だった頃タイムリーにジャンプで掲載された時、本当10回くらい読んだ。

 今なら、シロクマさんはこんな言葉に思いを馳せる。

 「『明るく楽しい介護』なんて、そんなものは実際に苦渋を飲み込みながら頭を抱えて介護をやったことのない者が言う甘っちょろい戯れ言でござるよ」

 と。

 だけどシロクマさんは剣心イズムに影響を受けて育ったシロクマなので、やっぱりその後にこう続けるだろう。

 「けれどもシロクマさんはそんな真実よりも 薫殿の言う甘っちょろい戯れ言の方が好きでござるよ 願わくば これからの世はその戯れ言が真実になってもらいたいでござるな」

 と。

 第1話にして、綺麗事、甘っちょろい戯れ言、と、後に剣心自身がくらうことになるカウンターの思想を剣心自身が口にしてるのが切ない。

 それでも逆刃刀に託して綺麗事と甘っちょろい戯れ言を貫き続ける剣心にやはり心打たれるものなので、僕もこの先カウンターとなる斉藤が出てこようが志々雄が出てこようが、前向きに頑張ってみようと思う。

 「……君の心の弱々しい迷いと裏腹に 君の手は強く握りしめて離さない………大事なものを失って…身も心も疲れ果て…けれどそれでも決して捨てることが出来ない想いがあるならば 誰が何と言おうとそれこそが君だけの唯一の真実――真実の――…」(第二百二十四幕『真実』)

るろうに剣心 1 完全版―明治剣客浪漫譚 (1)

久々の休息日

ブログネタ
在宅介護生活 に参加中!
 毎週火曜日の9時〜16時は母シロクマがデイサービスに行くので、シロクマさんの唯一の休息時間。

 ヘルパーさんに見てもらってる時間とか、父シロクマに見てもらってる時間とか、ある程度自由になる時間はあるんだけど、やっぱり常に気をくばり続けなきゃならない大変さを知ってるだけに、誰か他の人に見てもらってるとその人の大変さに思いを馳せてしまって素直にリフレッシュできない。

 よって、ちゃんとお金を払ってまとまった時間プロに見て貰えるデイサービスの時間は本当に貴重なシロクマさんがリフレッシュできる時間なのだ。

 ところが先週は主にメンタリティーからくる不調から母シロクマがデイサービスにいかなかったため、週一の休息日をつぶして食事を作って介護してと大忙し。メンタリティーも弱ってるので常にマイナスオーラを纏った言葉を浴びながら何とか励まし続けなきゃならないおまけ付きで大変だった。

 週一の休みが無くなるだけでこんなにこたえるとはシロクマさんも思っておらず、本当今週いっぱいはシロクマさんも介護疲れでイッパイイッパイで毎日頭を抱えてうずくまっていた。メンタリティーが弱ってる母シロクマに不満を言うわけにもいかず、仕事と介護でへろへろの父シロクマに不満を言うわけにもいかず、一人で頭を抱えるしかないのがつらい所だ。

 されど本日はまだメンタルに弱々しさを残しつつも、何とか自分の意志で行くというまで母シロクマが持ち直してくれたので、シロクマさんとしては非常に助かった。二週間ぶりのリラックス。母シロクマを送り出してから部屋で横になり、「自由……」とつぶやいたシロクマさんの充足感にどうか祝福を贈って欲しい。

 調子にのって昨日の夜立ち上げたブログを整備して(父シロクマと母シロクマが眠りについてからの3時間弱もシロクマさんの貴重な時間だ。大抵仕事してるけど)、ためてあるアニメを見て、もう少しで読み終わるビジネス書を読んで、自転車で外に出て仕入れをしてきて、そしていつもより少し余裕を持って作れる夕食の食材を買いだして帰ってこよう。この幸せにどうかダンスを踊って欲しい。

 うん、実に幸せだ。

東北の梅雨があけそうであけない頃の日記

7月31日(月)
・高校野球宮城県大会決勝、仙台育英VS東北、延長15回0-0で再試合。珍しく夕飯時にTVつけて見ちゃってたよ。全国で決まってないのは宮城だけです。お待たせしてしまって申し訳ありません。僕の高校時代から他から飛び抜けてる2強でした。やっぱ強いなぁ、どっちも。
・8月19日の同窓会@関東になんとか行けないものかと頑張って稼ぎ中。数万円の旅費が遠い……

7月30日(日)
・夏の海が舞台でもヒロイン二人が水着すら着ない今回のプリキュアを見ると、プール一つでヒロインにスクール水着で前屈させたり水中で脱げかけて半裸にしてみたりしてる矢吹先生が如何に偉大かということが身に染みます。
シロクマさんの広告





訪問者数

All  
T 
Y 
Profile
Archives
シロクマさんへメッセージを送る
シロクマさんのメールマガジン

WEBで収入と創作を加速させる方法』(ID:0000231635) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。

  • ライブドアブログ